最高品質のダイヤモンド「フローレスダイヤモンド」

2020年4月14日 火曜日

最高品質のダイヤモンド「フローレスダイヤモンド」

INDEX

  1. 1. フローレスダイヤモンドとは?
    1. 1.質の良いダイヤモンドの中でも最高品質のものを「フローレスダイヤモンド」といいます
    2. 2.ダイヤモンドの品質を示すのに「4C」という評価指標がある
  2. 2. フローレスダイヤモンドは4Cのうち透明度最高ランクのダイヤモンド
    1. 1.その希少性の高さゆえの価値はものすごく高い
    2. 2.なぜなら天然のダイヤモンドにキズがあるのは普通だから
  3. 3. 逆にキズも内包物もないフローレスダイヤモンドは、偽物の可能性も!?
    1. 1.人工宝石と呼ばれる人間が作った綺麗な宝石がある
    2. 2.人工宝石のため、キズや内包物も自由にできるという理由があるから
    3. 3.キュービックジルコニアという人工宝石が酷似しているため注意が必要
  4. 4. フローレスダイヤモンドは信頼できるショップで

最高品質のダイヤモンドを入手したいなら、フローレスダイヤモンドのことを知る必要があります。しかし素人では判断が難しいため、どのような鑑定でランクが付けられているのか理解しておきましょう。フローレスダイヤモンドの特徴と、鑑定方法を解説していきます。

フローレスダイヤモンドとは?

婚約指輪など記念に贈るアクセサリーは、品質の高いダイヤモンドを贈りたいという希望があることでしょう。最高品質のダイヤモンドを贈りたいなら、フローレスダイヤモンドを知っておきましょう。

質の良いダイヤモンドの中でも最高品質のものを「フローレスダイヤモンド」といいます

フローレスダイヤモンドは、クラリティの最高レベルです。クラリティとは、ダイヤモンドの透明度を示したグレードのことです。

ダイヤモンドは自然界から産出されるもので、天然のためほとんどのケースで内部の不純物や表面のキズが見られます。しかしクラリティの高いものは内部の不純物も表面のキズもありません。内部や表面にまったく欠点が見られないものを、フローレスダイヤモンドといいます。

ダイヤモンドの品質を示すのに「4C」という評価指標がある

ダイヤモンドの品質は、4Cで示しています。4Cは、カラット・カット・カラー・クラリティの4つです。カラットは大きさ、カラーは色、クラリティは透明度を示します。先ほど説明したとおりダイヤモンドには内包物やキズが見られることがほとんどのため、カット技術で欠点が目立たないよう加工されています

フローレスダイヤモンドは4Cのうち透明度最高ランクのダイヤモンド

ダイヤモンドのクラリティは、透明度を11段階で評価します。評価では10倍拡大下で観察し判断します。

ごくごく僅かな内包物を含むものは「VVS(ベリーベリースライトリーインクルーデッド)」、さらに透明度が上回るものを「IF(インターナリーフローレス)」、さらにまったく欠点がないものが「FL(フローレス)」です。

その希少性の高さゆえの価値はものすごく高い

フローレスダイヤモンドは、その希少性の高さから、ジュエリー界にいる人間でも見たことがない人がいるほどです。

市場に出回っているのはVVSクラスが多く、フローレスの一段下のIFでも滅多に出回りません。さらに上をいくFLは非常に希少性が高く、大きなものだと、見つけるのは奇跡に近いレベルです。

なぜなら天然のダイヤモンドにキズがあるのは普通だから

ダイヤモンドは地中で産生される鉱物です。時間をかけて結晶が生成されるため、本来なら内包物や表面のキズがあります。

そのため多くのダイヤモンドの原石は、欠点を減らすため研磨をします。研磨する割合が高くなれば重さが犠牲となるため、欠点がないフローレスダイヤモンドは原石に近く純粋な存在として価値があります。

逆にキズも内包物もないフローレスダイヤモンドは、偽物の可能性も!?

本来ダイヤモンドに内包物もキズもないものは存在しません。内包物もキズもないものというのは鑑定士が10倍で拡大して、内包物やキズが確認されないということです。

そのため全くキズも内包物もないフローレスダイヤモンドを購入する際は、偽物の存在を知っておいてください。

人工宝石と呼ばれる人間が作った綺麗な宝石がある

人工宝石とは、人の手が加えられた宝石のことです。天然宝石と同じ成分で作られたものなら、ある意味天然かもしれません。しかし人の手が加えられた以上、人工宝石です。

プロの鑑定士でも、天然宝石と人工宝石を見分けるのは難しいといわれています。同じ原料であっても、人工宝石であれば不純物がまったく含まれません。鑑定士が10倍に拡大して見えないのではなく、そもそも不純物が含まれていないものです。

人工宝石のため、キズや内包物も自由にできるという理由があるから

ではIFクラスなら天然だと判断できるのでしょうか?人工宝石が人の手が加えられるということは、天然のIFクラスのダイヤモンドに似せて、キズや内包物も自由に加工できます。

天然のダイヤと同様に、不純物があるからといって人工宝石ではない証明にはなりません。正確に鑑定するには人の目で判断するのではなく、鑑別機関にて機械を使った判定を活用しましょう。

キュービックジルコニアという人工宝石が酷似しているため注意が必要

ダイヤに似た人工宝石には、キュービックジルコニアがあります。

素人が見ても本物と区別することはできません。簡単な見分け方としては、暗い場所で輝きが不足しているか?水を垂らすと水滴が崩れるか?息を吹きかけて曇りが消えないか?で判断できます。

ただし最近は、本物のダイヤモンドと間違うほどの、CVD合成ダイヤモンドやHPHT合成ダイヤモンドも出ているため注意してください

フローレスダイヤモンドは信頼できるショップで

特別な日の贈り物としてフローレスダイヤモンドを選びたいなら、信頼できるショップで購入しましょう。

もともと希少性の高いグレードのため、ショップによっては扱っていません。取り扱いがあるショップでも、適切な鑑定をしているかで本物かを判断してください。

守屋啓
著者・監修:守屋 啓(もりや はじめ)
一般社団法人 宝石鑑別団体協議会(A.G.L)所属のAGTジェムラボラトリーにてグレーダーとして色石・ダイヤの鑑別に従事。その後、世界的に権威のある鑑別機関、GIA JAPANのG.G.(グラジュエイト・ジェモロジスト)プログラム講師として活躍。GIAが日本撤退後は、各地で宝石鑑別の講師として活躍する第一人者。