ルビー買取価格相場表

ルビーの1ピースあたりの買取価格で表示しております。

ルビー
ルビー
Sランクルビー買取価格
カラット数 買取価格
1.0ct 105,000円〜
2.0ct 350,000円〜
3.0ct 630,000円〜
5.0ct 1,750,000円〜
10.0ct 7,000,000円〜
Aランクルビー買取価格
カラット数 買取価格
1.0ct 52,500円〜
2.0ct 210,000円〜
3.0ct 420,000円〜
5.0ct 1,050,000円〜
10.0ct 3,500,000円〜
Bランクルビー買取価格
カラット数 買取価格
1.0ct 21,000円〜
2.0ct 120,000円〜
3.0ct 250,000円〜
5.0ct 550,000円〜
10.0ct 2,100,000円〜
Cランクルビー買取価格
カラット数 買取価格
1.0ct 5,600円〜
2.0ct 42,000円〜
3.0ct 63,000円〜
5.0ct 175,000円〜
10.0ct 700,000円〜
Dランクルビー買取価格
カラット数 買取価格
1.0ct 1,400円〜
2.0ct 7,000円〜
3.0ct 21,000円〜
5.0ct 52,500円〜
10.0ct 210,000円〜
項目 Dランク Cランク Bランク Aランク Sランク
カラー かなり薄い or かなり黒っぽい 薄い or やや黒っぽい 普通 やや濃い 色濃い
クラリティ かなり濁っている 透明度がない わずかに濁った透明度 わずかなインクルージョン インクルージョン無し
宝石無料査定

ルビーの高価買取実績

※ルビーの高価買取実績を高い順で3件表示しています。

※高価買取実績は、上限額ではありません。それ以上の価値がある宝石は、適切な金額での買取をさせて頂きます。

ルビーは、大きさ、カラー、カット方法、キズの入り方、デザイン性や産出国で買取価格が変わります。

カラット数 カラット数が高ければ高いほど希少性が上がり、高額での買取が可能です。
カラー カラーは、色が濃く、インクルージョンが無いものが買取価格が高くなります。
デザイン性 ジュエリーのデザインと宝石の種類とカットには流行があります。
産出国 産出国によりインクルージョンやカラーの違いがあり、より濃い色のものが買取価格が高くなります。

ルビーの和名、モース硬度等の基本情報

和名 紅玉こうぎょく 鉱物種 コランダム
主な産出地 ミャンマー、タイ、モザンビーク、スリランカなど 屈折率 1.762〜1.770
光沢 ガラス モース硬度 9
比重 4.00 耐久性 強い

ルビー高価買取について

ピジョンブラッドルビー
ピジョンブラッドルビー

ルビーの価格は色が最重要!

色は濃くなればなるほど評価は高くなります。しかし、最高の色とされるピジョンブラッドを過ぎて、さらに色濃くなると今度はどんどん黒っぽい色へとなっていき、黒くなればなるほど買取評価は下がってしまいます。

ピジョンブラッド

ピジョンブラッドとはアルファベットでPigeon Bloodと書き、直訳すると『鳩の血』ということになります。その名の通り、鳩の血のように鮮やかで濃く深い透明感のある赤色で、最高級ルビーとされています。
こうした良質なルビーの産地として有名なのがミャンマーのビルマ(モゴック地方)とされています。

インクルージョンとテリ

インクルージョンとは、石の内部のキズではなく、宝石内にあって主な血漿成分とは異なる形態や、固体、液体、気体、あるいはそれらが混合した物質のことを言います。もともとルビーは酸化クロムが混入したことで赤色に発色したもの。この酸化クロムもインクルージョンの一種です。
つまり、天然のルビーはインクルージョンがあって当たり前なのです。しかし、ルビーはこのインクルージョンによって輝き、色などの評価が大きく変わってくるため、輝きや内包物を比較するよりも色を重視した方がルビー買取評価に一番大切な基準となります。

ルビーの種類と異なる特徴

モゴック産ルビー

モゴック産ルビー

ミャンマーのモゴック地方の鉱山で採掘されたルビーは、透明度が高いうえに美しい赤が凝縮されています。また、紫外線を当てると蛍光の強い赤色を発する特性があります。その中でも、モゴック産ルビーの最高品質のビジョン・ブラッドはルビーの中でも最高級品です。
宝石には産地特有のインクルージョンがあり、60度に交わったシルクの束のようなインクルージョンはシルク・インクルージョンといい、無処理のモゴック産ルビーの証になります。

タイ産ルビー

タイ産ルビー

タイ産ルビーは、黒っぽい色が多かったため、さほど重要視されてきませんでした。しかし、ミャンマー(当時はビルマ)の政治体制の改革により、モゴック産のルビーが激減したと同時に、加熱による黒みを取り除く技術が向上したため、タイ産ルビーは飛躍的に市場でのシェアを高めました。
品質の差は、透明度が低く濁った赤が低品質で、濃淡のバランスが良く、モザイク模様の輪郭がしっかりとしたものが高品質と言えます。タイ産ルビーの特徴は、その特徴の色みと紫外線(長波)にほとんど反応しないことです。タイ産ルビーは、1980年後半に研磨されなくなり、現在は、かつて採掘された還流品がほとんどになります。

モンスー産ルビー

モンスー産ルビー

モンスー産ルビーは大粒の産出が少なく、ほとんど小粒に仕上がるのが特徴です。小粒のジュエリーを選ぶときは、石の色が濃いと、黒っぽくなってしまうため、淡目のものを選ぶほうがよいと言えます。モンスー産ルビーは、タイ産ルビーに比べるとキズが多く、その亀裂の中に加熱時に触媒として使用された化学薬品(ボラックス)が異物として残っていることがあります。多量の残留物質を含むものは価値が低くなります。モンスー産ルビーは、タイ産ルビーに変わり採掘されてきましたが、現在は減少し、高品質のものはほとんど産出されていません。

モザンビーク産ルビー

モザンビーク産ルビー

2008年に開拓された新しいルビーの産地がモザンビークで、大量のルビーの原石がバンコクのマーケットに持ち込まれました。ミャンマー産と比べると、ややオレンジを帯びた赤ですが、現在、無処理の美しい宝石品質の原石が産出しています。宝石は、数百年の年月を経て評価が定まります。なので、まだ価値は低いですが、当初に比べては、3倍ほどに上がっています。今後、モザンビーク産ルビーがどの程度評価されるかは、産出の継続と、人がこの色みをどれだけ好むかにかかっています。

合成ルビーとルビーの模造石

合成ルビー

合成ルビー

左の画像は京セラで作っている合成の宝石メーカー、クレサンベールの合成ルビーです。合成の宝石とは、天然の宝石とは違い、科学的に化学成分の配合を行い宝石に近しい結晶を制作したものを指します。合成宝石は、現在でも、天然と謳って売買が行われていています. 。そのため、信用の無い訪問販売やネットでの購入は避けるべきと言えます。

赤色ルビー

ルビーの模造石

模造品とは宝石を真似して作成した偽物の宝石のことです。模造品に1番多く使用されている素材はガラスです。右の画像もガラスで作成されたルビーの模造品です。合成ルビーと同じく、販売時に偽って販売することは詐欺行為にあたりますが、現在でも数多くのイミテーション品が偽って販売されているのも現状です。

色で分かる!価値が高いルビー

ランク評価基準では、カラーとクラリティ(透明度とインクルージョン)で評価します。色が濃く、透明度も高く、インクルージョンもほとんどないルビーは、高額の価値が付きます。逆に、色が薄いもの、濃すぎるもの、インクルージョンが多く透明度が低いものは、価値が下がります。

rubyのランク評価基準画像

※この他にもテリや産地によって評価は大きく変わります。あくまで参考程度にご参照ください。

宝石無料査定

ルビーの鑑別書の見方

ルビーの鑑別書の内訳

鑑別書の各項目の詳細

Shape (カットの形状) エメラルド、カボション、ラウンド、オーバルなどのカット形状があります。
Transparency (透明度) 透明な宝石は『Transparent(トランスペアレント)』、半透明な宝石は『Translucent(トランスルーセント)』、不透明な宝石は『Opaque(オペーク)』で記載されます。
Color (色) 『Purplish Blue』や『Vivid Red』など、詳細に色を記載します。遊色効果などの特殊効果は、『play of color』と記載されます。
Species (鉱物名・素材名) 『Natural Corundum』や『Natural Tourmaline』など、鉱物名が記載されます。
Variety (宝石名・変種名) 宝石名が記載され、Species(鉱物名・素材名)と同じく、天然石は、『Natural』の記載がされます。
Geographic Origin (産地) 『Columbia』や『Burma』など、産地名が記載されます。
Item Description (品目) 鑑別した宝石がルースの場合は、『One loose stone』と記載されます。
Weight (重量) ジュエリー(製品)の場合は、grams(グラム)で表記され、ルースの場合は、carats(キャラット)で表記されます。※1キャラット = 0.2グラム
Measurements (寸法) ルースの寸法を、長さ×横×深さをミリ単位で記載されます。
Carved seal (刻印) ジュエリー(製品)の中石である宝石のキャラット数が記載され、次に、脇石のキャラット数が記載されます。キャラット数の初めに付く『D』の記載はダイヤモンドを意味します。

ルビーの買取実績

選べる3つの買取方法

 

高額買取が出来る理由

理由その1

自社工房での研磨・リカット

弊社では日本国内に眠る良質な色石を香港を始めアジア各国との独自ルートにおいて、海外にも流通させております。欠け石や古いカットの石を自社の工房でリカットし、石の価値を最大限まで高め、より良い宝石に生まれ変わらせております。
その為、ルースのみのお買取りにも国内の相場とは比べ物にならない高値をご提示する事が可能です。

自社工房での研磨リカット
理由その2

国内外の国際宝飾展の出展

色石BANKでは日本国内、香港、合わせて年に8回、世界的に有名な国際宝飾展に出展させていただいております。
日本国内で行われる国際宝飾展(IJT、IJK、JJF)だけでも世界的なバイヤーが集まりますが、さらに香港の世界的なジュエリーショーに出展することで、日本には少ない北欧系バイヤー達とも強力なパイプを作り販路を確保しております。

国内外の宝飾店
理由その3

自社オリジナルデザインによる製品販売

最新の3DCADと造形機によるオールハンドメイド製品を自社生産する事に依って、ルース単体での値段よりも、より確かな値段で販売することが出来るようになりました。
国内外の展示会や、有力小売店への販売を背景に素材の価値を最大限に引き出し、より高額な査定額にてお買取しております。

自社オリジナルデザイン製品販売
理由その4

鑑定機関との業務提携による充実した社内研修

日米宝石鑑別センター監修による社内資格制度を採用。社員の専門能力を向上させることにより他社にはない質の高いサービスを提供できるようになりました。また、最新の処理石や合成石等の情報共有や価格のトレンドを常に掴むことにより、より一層の高額査定&適正査定を実現してます。

色石BANK×日米宝石鑑別センター

色石BANKはこんな状態でも買取れます!

色石BANKは、A.G.L.(宝石鑑別団体協議会)会員である日米宝石鑑別センターのしっかりとした研修を受けた査定士が在籍しているので、鑑別書が無くても問題ありません。また、自社鑑別機関も完備しておりますので正確な査定が可能です。更には、自社工房を持っているおり、キズや欠け、古い宝石、であってもリカット・再研磨が可能な為、他社より高額な査定金額でのお買取が可能となっております。

  • 鑑別書が無い
    鑑別書が無い宝石
  • 欠けたダイヤ
    キズや欠けがある宝石
  • 古い宝石
    古い宝石
  • 外されたルース
    外されたルース
 

ルビーについてよくある質問

Qルビーを売りたいのですが、1つからでも買取可能ですか?

Aはい、可能です。1つの宝石から買取を行っていますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。

Q鑑別書が無いルビーは、買取して頂けますか?

Aはい、可能です。色石BANKには経験豊富な鑑定士が常駐しており、正確な査定が出来ますので、鑑別書がないルビーでも、高額買取が出来ます。

Qルビーの買取り見積もりだけを取ることは出来ますか?

Aはい、出来ます。遠方の場合、宅配(無料)での査定をおすすめしております。他店と比較してみてください。

Qルビーを売りたいのですが、必要書類はありますか?

A身分証明書が必要です。運転免許証、パスポートのいずれかをご用意ください。法人様の場合は、古物許可書が必要となります。

Q傷や汚れがあるルビーでも買い取ってもらえますか?

A買取可能です。傷や汚れがあるルビーであっても高値が付く場合がございますので、一度、査定されることをおすすめ致します。