カメレオンダイヤモンドを高く売るコツ

2020年4月14日 火曜日

カメレオンダイヤモンドを高く売るコツ

目次

  1. 1.希少な宝石!カメレオンダイヤモンドの買取について
    1. カメレオンダイヤモンドとは
  2. 2.カメレオンダイヤモンドを高く買取してもらうためのポイント
    1. 1. 買取価格の基本は希少性で決まる
    2. 2. 買取査定は複数店舗でやってもらおう
    3. 3. 保管状況も重要なポイント
  3. 3.カメレオンダイヤモンドを高く売りたいなら弊社にお任せ!
    1. カメレオンダイヤモンドの買取レートは?
  4. 4.熱で色が変わる面白さを持つカメレオンダイヤモンドを高く買取してもらおう

カメレオンダイヤモンドを高く買取してもらうためのポイント

手持ちのカメレオンダイヤモンドを高く買取してもらうためのポイントを3つご紹介しましょう。

1. 買取価格の基本は希少性で決まる

カメレオンダイヤモンドに限らず、どんな宝石であっても、買取価格の基本は、その宝石そのものの希少性によって決められます。どれほど優良な買取業者であっても、希少性がまるでないものに対して高値をつけることはできません。

カメレオンダイヤモンドはカラーダイヤモンドのなかでも希少性が高いほうですが、カラーダイヤモンドのなかでトップクラスの希少性の高さを誇る天然ブルーダイヤモンドや天然レッドダイヤモンドにはかないません。

しかし、元々の色がイエロー系で、加熱するとオリーブグリーン系に変色するという、通常のカメレオンダイヤモンドとは逆の色変化を起こすリバース・カメレオンダイヤモンドは、非常に希少性が高く、相当な高価買取が期待できます。

2. 買取査定は複数店舗でやってもらおう

手持ちのカメレオンダイヤモンドをより高く買取してもらうためには、複数店舗に買取査定を依頼するのがおすすめです。

同じ宝石買取業者でも、店舗スタッフの質によってその査定価格にも大きな差が出ます。価値を正しく査定できるスタッフがいる店舗なら、高く買取できると判断すればしっかり高値での査定をしてくれます。しかし、知識が乏しいスタッフしかいな店舗の場合、買取で損をすることを避けようとするため、安く買い叩かれてしまう可能性があるからです。

複数店舗で査定してもらうことによって、価値を正しく査定できるスタッフがいる店舗に出会える可能性が高まります。

3. 保管状況も重要なポイント

カメレオンダイヤモンドを高く買取してもらうためには、保管状況を良くしておくことも大きなポイントです。

宝石に傷や汚れがあると、それだけで査定の価値が落ちてしまいます。
まずは、査定に出す前に汚れ落としをしておきましょう。ダイヤモンドは硬度があり、さらに薬品などにも強いだけに、お手入れにあまり神経質になる必要はありません。

自宅にある中性洗剤を水で薄めて洗浄液をつくり、そこでカメレオンダイヤモンドを洗い、細かい汚れはやわらかい歯ブラシなどで落としましょう。
あとは水やぬるま湯ですすぎ、タオルなどで水気を拭き取ればOKです。

鑑定書や箱などがある場合はそれらもすべて揃えて査定に出しましょう。こうした付属品の有無も、査定にある程度の影響をおよぼします。

カメレオンダイヤモンドを高く売りたいなら弊社にお任せ!

カメレオンダイヤモンドの高価買取なら、弊社の「[name]」にお任せください!
色のついた宝石、色石の買取を得意としている為、カメレオンダイヤモンドをはじめとしたカラーダイヤモンドを安心して査定してもらえます。
他店では断られそうなキズや割れがあるものでもお買取致します。

カメレオンダイヤモンドの買取レートは?

カメレオンダイヤモンドは金やプラチナなどと違い、個体によって価値に大きな差があるため、具体的な買取レートなどは発表されていません。
カラーダイヤモンドのなかではカメレオンダイヤモンドは比較的希少性が高いため、買取額も高めにつけられることが多いです。

熱で色が変わる面白さを持つカメレオンダイヤモンドを高く買取してもらおう

カメレオンダイヤモンドを常に色が一定なほかのカラーダイヤモンドと違って、加熱によって色が変わるという特色を持っています。
そんなカメレオンダイヤモンドを高価買取してもらうためには、お手入れをした上で、付属品も揃え、複数店舗を回って査定額を比べてみるのがおすすめです。最後に弊社の[name]に来ていただけると、弊社の査定額の高さを実感していただけるはずです。

守屋啓
著者・監修:守屋 啓(もりや はじめ)
一般社団法人 宝石鑑別団体協議会(A.G.L)所属のAGTジェムラボラトリーにてグレーダーとして色石・ダイヤの鑑別に従事。その後、世界的に権威のある鑑別機関、GIA JAPANのG.G.(グラジュエイト・ジェモロジスト)プログラム講師として活躍。GIAが日本撤退後は、各地で宝石鑑別の講師として活躍する第一人者。