レッドダイヤモンドを高く売るコツ

2020年4月8日 水曜日

レッドダイヤモンドを高く売るコツ

目次

  1. 1.希少な宝石!レッドダイヤモンドの買取について
  2. 2.レッドダイヤモンドとはどんなダイヤモンド?
  3. 3.レッドダイヤモンドを高く買取してもらうためのポイント
  4. 4.レッドダイヤモンドを高く売りたいなら色石BANKダイヤ部がオススメ
  5. 5.【まとめ】レッドダイヤモンドは人気も価値も高い!お手入れと買取業者選びが大切

ダイヤモンドは基本的に、イエローやブラウンといったファンシーカラーダイヤモンドよりも、Dカラー(無色透明)のほうが高価です。しかし、カラーダイヤモンドの中でも、天然のレッドダイヤモンドは「世界中に30個あるかないか」と言われているほど希少な存在です。Dカラーのダイヤモンドをはるかにしのぐ価値があります。
今回は、そんな特別なカラーダイヤモンド、レッドダイヤモンドについて、その特徴や買取価格についてご紹介いたします。

希少な宝石!レッドダイヤモンドの買取について

レッドダイヤモンドは、さまざまな色があるカラーダイヤモンドのなかでもトップクラスの価値と人気を誇ります。
そんなレッドダイヤモンドの特徴や、手持ちのレッドダイヤモンドを高価買取してもらうためのポイントについてご説明しましょう。

レッドダイヤモンドとはどんなダイヤモンド?

レッドダイヤモンドとは、その名が示すとおり、赤い色をしたダイヤモンドです。 カラーバリエーションとしては赤紫色・赤茶色・濃ピンク・オレンジレッドなどが挙げられます。赤紫色や濃いめのピンクをしたレッドダイヤモンドはルビーの色とも似た感じに見えますが、赤茶色やオレンジレッドなど、ルビーでは見かけないようなカラーバリエーションも魅力の1つです。
鮮やかなカラーに加えダイヤモンドならではの透明感が非常に美しく、カラーダイヤモンドのなかでも特に高い人気を誇ります。

本物の天然レッドダイヤモンドは世界に30個くらいしか存在しないと言われており、非常に希少性の高いダイヤモンドです。 一般市場にはまず出回ることはありませんし、宝石商やバイヤーなど、宝石を取扱う専門家ですら、一度もお目にかかれないという人が多いといわれています。

実際に市場に出回っているほとんどのレッドダイヤモンドは、人工的な加工をして赤色に変色させたものです。 しかし、色を変えているとはいえ原材料は天然ダイヤモンドですので、通常のダイヤモンド程度の買取価格にはなるでしょう。とくにレッドダイヤモンドは人気の高い色です。

レッドダイヤモンドを高く買取してもらうためのポイント

手持ちのレッドダイヤモンドを高く買取してもらうためのポイントを3つご紹介しましょう。

1. 買取価格の基本は希少性で決まる

レッドダイヤモンドの買取価格は、基本的には希少性の高さがどうか、という点で決まります。
私たち一般人が本物の天然レッドダイヤモンドを手にする機会はゼロに等しいので、手持ちのレッドダイヤモンドはまず間違いなく加工物であるという点を考えると、高い価値をつけてもらえる、という期待はできません。
しかし、元々の原材料である天然ダイヤモンド自体の質によって価値は大きく変わります。
キズや内包物などが少なければ少ないほどその価値は高く、天然レッドダイヤモンドほどの超高額な買取価格は期待できなくとも、無色透明のダイヤモンドとさほど変わらないレベルの価値をつけてもらえる可能性もあります。

2. 買取査定は複数店舗に依頼しよう

レッドダイヤモンドの査定額は、業者によってかなりの違いがあります。無色透明のダイヤモンドの査定には慣れているものの、レッドダイヤモンドの査定には慣れておらず、業者にとって無難な金額になるよう、低い査定額を出してくるところも少なくありません。
そのため、買取査定は複数店舗に依頼して比較することが大切です。ダイヤモンドだけでなく、ほかのカラーストーンなどの知識にも長けている店舗を選ぶようにしましょう。 カラーストーンの取扱いも得意としているところなら、レッドダイヤモンドの色の美しさの価値などもしっかり見てくれる可能性が高いです。

3. 保管状況も重要なポイント

レッドダイヤモンドの買取額は、どれだけいい状態で保管できていたか、という点でも左右されます。レッドダイヤモンドを売る際には、少しでもきれいに見える状態にしておきましょう。
中性洗剤を薄めて作った洗浄液につけて、やわらかい歯ブラシなどで汚れを落としておきましょう。すすいだら水気を拭き取ってよく乾かし、本来の輝きと美しさを取り戻せていることを確認してから査定に出しましょう。
もちろん、鑑定書や箱などがあれば、それも持ってきましょう。

レッドダイヤモンドを高く売りたいなら[name]がオススメ

手持ちのレッドダイヤモンドを高く売りたいのであれば、ダイヤモンドとカラーストーンの両方について熟知しているスタッフが在籍している店舗を選びましょう。 「[name]」は、ダイヤモンドはもちろん、カラーストーンもしっかり正しい価値を判断してくれます。査定に出す店舗のひとつとして、ぜひ候補に入れておきましょう。

レッドダイヤモンドの買取レートは?

レッドダイヤモンドは金やプラチナなどと違って個体による価値の差が大きいため、具体的な買取レートなどは発表されていません。 市場に出回っている人工的な加工をほどこされたレッドダイヤモンドであってもカラーダイヤモンドのなかでは価値が高く、無色透明のダイヤモンドに負けないレベルの買取価格をつけてもらえる可能性もあります。

【まとめ】レッドダイヤモンドは人気も価値も高い!お手入れと買取業者選びが大切

レッドダイヤモンドはカラーダイヤモンドのなかでも特に人気も価値も高い存在ですが、残念ながら買取業者のなかには、その価値を正しく判断できずに安い査定額をつけてくるところも存在します。
売る際には事前にしっかりとお手入れをしたうえで、レッドダイヤモンドの価値を正しく判断してくれそうな店舗を中心に、複数店舗に査定を依頼しましょう。

守屋啓
著者・監修:守屋 啓(もりや はじめ)
一般社団法人 宝石鑑別団体協議会(A.G.L)所属のAGTジェムラボラトリーにてグレーダーとして色石・ダイヤの鑑別に従事。その後、世界的に権威のある鑑別機関、GIA JAPANのG.G.(グラジュエイト・ジェモロジスト)プログラム講師として活躍。GIAが日本撤退後は、各地で宝石鑑別の講師として活躍する第一人者。